神戸フォトこれくしょん~新神戸駅・神戸北野異人館街・布引の滝編~

シェアする

2014-09-27 080

新神戸駅は兵庫県神戸市中央区に位置する新幹線駅・地下鉄駅である。

聖地巡礼・舞台探訪において、同駅はゲーム『Fate/stay night』およびアニメ『Fate/Zero』のロケ地の一つ『神戸北野異人館街』の最寄駅である。また、新幹線駅構内の一部がドラマ『半沢直樹』のロケ地となった。

新神戸には二度訪れている。一度目は雨天の中、ロードバイクで神戸市内を駆け巡った昨年8月16日。二度目は晴天の下、電車と徒歩のみで移動した同年9月27日。ルートは同じ。ただし時間帯は異なる。出発点は新神戸駅前の布引交差点。最終目的地を遠坂邸のモデルとなった『風見鶏の館』とした。経由地は北野会館神戸北野サッスーン邸うろこの家・うろこ美術館である。

併せて、後述にて神戸北野異人館街へ向かう前に寄り道した、新神戸駅直ぐにある景勝地、布引の滝についても紹介させていただく。

DSC_0316

スポンサーリンク

新神戸駅構内~半沢直樹の舞台探訪~

2014-08-16 041
第一話にて、半沢直樹が渡真利忍から近藤直弼の出向を聞いて駆け付けた場所。半沢が近藤一家を見送ったのは新大阪・東京方面行きの2番線プラットホーム、六甲トンネル(六甲隧道)側の15号車乗り場である。ちなみに、プラットホームでも『半沢走り』やってた。

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

駅名標

2014-09-27 069

階段

2014-09-27 044

2014-09-27 045

2番線プラットホーム15号車乗り場・六甲トンネル側

2014-09-27 052

2014-09-27 053

2014-09-27 063

2014-09-27 057

2014-09-27 055

2014-09-27 059

2014-09-27 060

神戸北野異人館街~Fate/staynightとFate/Zeroの聖地巡礼~

DSC_0326

冒頭で述べた通り、新神戸駅が最寄駅である神戸北野異人館街(文化財保護法法定名称神戸市北野町山本通伝統的建造物群保存地区には、Fate/stay nightおよびFate/Zeroにて、遠坂邸などの舞台となる冬木市の一部風景のモデルとなった建築物または風景が所在する。

実際に足を運んだがゆえの個人的見解だが、うろこ美術館(写真左)から見た神戸市街地の光景はウェイバー・ベルベットが深山の丘の上にあるマッケンジー宅の屋根の上で見た冬木市の景色に似ている。しかも、屋根のデザインがうろこの家のそれと同じ、鱗状のスレートである。その一方で、以前Twitterで外装が間桐邸だと紹介していたが、実際に入館してみて得た情報と、その後で見たHeaven’s Feelとの照らし合わせた結果から、有意に相違点が多いと判断したのでこの場で撤回させていただく。

なお、北野町山本通の名が語る通り、山の斜面上に造られた街である。

二度目の際にロードバイクを輪行しなかったのはその為。ここで聖地巡礼をするにおいてロードバイクも含めて車両全般はかえって足手まといとなるので徒歩を推奨する。汗だくでうろこの家に入るのも億劫だったし。

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

坂道・北野会館前

冬木教会への道の途中。

2014-09-27 112

坂道・神戸北野サッスーン邸前

間桐邸への道の途中。

2014-09-27 116

DSC_0323

うろこの家・うろこ美術館

旧ハリヤー邸。うろこの家(写真右)の内装が遠坂邸のモデルとなった。邸宅と家具・調度品が登録有形文化財。入館料は1000円。

DSC_0441

DSC_0448

DSC_0447

DSC_0449

風見鶏の館

旧トーマス邸。重要文化財遠坂邸の外装に使われた。

DSC_0324

布引の滝~都会にある名水百選入りの景勝地~

2014-08-16 050

最後に布引の滝について紹介させていただく。

新神戸駅駅舎の真下には六甲山から流れる生田川が流れており、駅舎直下から下流の川岸には遊歩道が併設された生田川公園が整備されている。一方で、その上流にある布引渓流は名水百選に選ばれた景勝地であり、その一部を構成する『布引の滝』(ぬのびきのたき)は日本三大神滝の一つにして、布引渓流にある4つの滝の総称である。

その一つたる『雌滝』(めんたき)は新神戸駅から徒歩10分足らずの直ぐ上流にある。

当日ロードバイクで来られたのは雌滝まで。更に上流の鼓滝(つつみだき)、夫婦滝(めおとだき)、雄滝(おんたき)を目指す場合は担いで登山をするか、一度駅まで戻り、生田川の東岸から北上する必要がある。そうなると大分遠回りとなるため、時間の制約上で断念した。

2014-08-16 059

生田川・新神戸駅駅舎内より

2014-09-27 066

2014-09-27 067
2014-08-16 011
2014-08-16 014

生田川・新神戸駅駅舎真下

2014-09-27 073

2014-09-27 074

2014-08-16 064

2014-08-16 069

2014-08-16 070

2014-08-16 071

布引の滝・雌滝

2014-08-16 052

2014-08-16 056

2014-08-16 057