【艦これぽーと】南西クエ消化のついでに2-3オリョールにて飛龍ドロップを狙う。

シェアする

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

デイリー任務(クエスト)『南西諸島海域の制海権を握れ!』(通称:南西クエ)消化を『東部オリョール海』(2-3)で行った際、ボスS勝利で『飛龍』ドロップを確認した。

本項では飛龍の入手方法としては建造レシピ”330/30/440/330″よりも経済的な、非潜水艦隊のガチ編成をご提案したい。

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
スポンサーリンク

オリョールなのに潜水艦を採用しない理由

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

所謂『オリョールクルージング』(略称:オリョクル)の応用では成し得ないのかという質問があるとすれば、答えは『ノー』である。

何故なら、オリョクルはドロップや勝率を度外視した上で資源獲得とコストカットを重要視した戦略であるが故に、ボス艦隊の殲滅(S勝利)や羅針盤制御(ルート固定)が全く考慮されていないためだ。

加えて、あのボス艦隊相手に潜水艦1隻をデコイとして連れて行っても、旗艦であるル級やヲ級には無視される上に、惹きつけられる敵艦が最多で3隻、雷撃戦までに中破以上の損傷を受けるリスクもある。

ならば一層の事、代わりに空母系を編入して航空戦で一掃したほうが、自軍の損失を最小限に抑えられるだろうと判断した。

掘るならローリスクかつ経済的に周回すべし

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

オリョールに限らない話だが、ドロップ狙いで同じ海域を周回する場合には資源量の管理も念頭に置かなければならない。

被弾すればするほど入渠時に鋼材と燃料を消費するし、夜戦を含む戦闘回数が多くなれば多くなるほど燃料と弾薬を消費する。

仮に、中破以上の損傷を受ければバケツを使わざるを得なくなるだろう。

ボーキサイトの消費量を最小限に抑えるには、全ての戦闘で制空権確保を狙う必要がある。

そして、当てずっぽうの編成ではなく、ボスマスに到着する確率を高めた編成でなければ無駄な出撃でこれらの資源を無意味に浪費してしまう。

ではこの2-3オリョールはどうか…

まず、ボスに到達するルートは二つあるが、どちらであっても道中戦闘が1回だけである。

この道中戦とボス戦をそれぞれ昼戦で全滅させられれば燃料と弾薬が160前後、ボーキも80弱で済む。

これらの消費量を飛龍レシピ330/30/440/330“と比較した場合、弾薬こそ5倍に激増するが、燃料は半分、ボーキは4分の1で済む。鋼材は被弾率次第だが、経験上1回の出撃で440を超える消費をした試しはない。

次に、完全なルート固定が不可能であるが、水母と空母を1隻以上含む編成である場合、ボスに到達する確率を高める事ができる。

最初の羅針盤こそ制御不可能だが、この編成で最初に北東方向へ進んだ場合、2つ目の羅針盤が7割の確率でボス方向になる。

なお、不完全なルート固定なのでボス方向から逸れる場合もあるが、その場合は輸送ワ級が2隻居てるので、デイリーのワ級狩り(3~5隻)も兼ねて行える。

以上を踏まえると、南西クエまたはあ号作戦の消化を兼ねて行えば効率が良い。

空を制する者が戦を制す』

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

制空権確保は艦載機熟練度最大の烈風2つを搭載数12程度の比較的少ないスロットに置く事で可能となる。

それ故、残るスロットの内、1桁台のスロットがあればそこに彩雲、その他のスロットに雷装値が高い艦攻をマシマシ積めば、このように高い航空火力で一掃できる。

加えて、この海域のル級やリ級はまだ柔らかいので徹甲弾がなくても弾着観測射撃や昼戦連撃で(ワンパン?)撃沈できるので、航空戦艦を随伴させるなら水爆を2スロットに配備したほうが更に航空火力が上がる。

航空戦で敵艦を全滅させられれば最高だが、仕損じた場合でも残存艦を砲戦で仕留めて完全勝利という可能性がまだあるので被弾するリスクの低減は期待できる。

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image
Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

編成と装備・その他

さて、本題の編成およびその装備について記す。

この時の編成は水上機母艦1、航空戦艦2、軽空母2、正規空母1である。

Kntkr-Gallery3-Embed-Changer resized image

水上機母艦1隻

この内、耐久性能が低い水母は旗艦にして被弾率の低減を図っている。

併せて、水母を対空カットイン要員として旗艦にする事で対空カットインの発動確率の向上も図っている。

なお、水母は練度が高ければ別に秋津洲でなくても構わない。

航空戦艦2隻

前述の通り、徹甲弾は不要であり、代わりに水爆を2スロット積みにしている。

主砲はフィット砲を2基、別に改修していなくても昼戦連撃でル級にオーバーキルダメージを叩き出していたので心配ない。

軽空母2隻・正規空母1隻

上記では飛鷹型と加賀さんを起用したが、組み合わせは自由であり、ボーキに余裕があるなら別に正規空母3隻とかでも構わない。

ただし、配備すべき艦載機には艦載機熟練度最大の烈風2つまたは紫電改二2つを指定する。前者の場合、搭載する2つスロットの合計搭載機数が24機、後者の場合には30機あれば全てのマスでの制空権確保が可能となるためだ。

また、搭載機数が1桁のスロットに艦攻や艦爆を積むと全滅(艦載機熟練度がゼロになる)リスクが高いので彩雲を配備するのが望ましい。

あとは有りったけの艦攻をマシマシ積めばOK

出撃・キラ付けのすゝめ

出撃前に空母系・航戦のキラ付けしておくことをお勧めする。

そうすることで航空戦の命中率と回避率が上がるからだ。

上手く行けば航空戦で敵艦隊を殲滅してくれる。

最後になったが、陣形は全マスともに単縦陣で構わない。